お客様に仕事の内容を説明していた時、きちんと理解してもらえるようにと易しい一般的な言葉を使っていた。
そうしたら、後で上司に叱られた。
「ちゃんと専門用語を使いなさい。

そうすれば『ああ、この人たちは専門家だ、よくわかっている人たちだ』と感心してもらえる」と。
言いたいことはわかるけれど、その専門用語を知っている必要のない人たちが相手なんだ。

おまけに、専門用語を理解してもらうためにその解説から始めなくちゃいけない人たちが相手なんだ。
専門用語で打合せを進めても、後から「それって何だったっけ」と繰り返し質問が入って、結局わかってもらえていないことも多かったんだ。
だから易しい表現でと心がけている。

上司は「何だかよくわからないけど任せるわ」みたいな方が良いと思っているのかな。
それ、後でクレームになったりするのに。

お客様を思えばこそなのに