ある偉いさんが、自分の事を「礼儀に厳しい」と評している。
だから「俺は礼儀がなっていない人にはきつい言葉を投げることもあるんだ」と。

でも周りの評価はちょっと違う。
彼が厳しいのは、自分への礼儀だけだ。
つまりは、チヤホヤされたいだけ。

誰に対しての礼儀にも厳しいのであれば、他人への礼儀にも気を配るはず。
けれど彼は他人に自分と同じだけの礼儀が尽くされているかには興味がない。

それどころか、むしろ自分がチヤホヤされるために他人への礼儀がないがしろにされると鼻が高くなる人だ。
自分の方が価値があると周りから思われたと判断するからだ。
それは礼節を重んじているのではなく、傲慢なだけなのではないだろうか?

本当に礼儀正しい人は、自分から他人に対しても礼儀正しく振舞うはずなのだ。

他人に対してどれくらい無礼に振る舞うことが許されるかで自分の価値を図っているような人に、礼儀を語る資格はなかろう。

どれほど「礼儀正しい行動」のパターンが頭に入っていようと、人間関係において周囲への礼を尽くす気がないなら、それは礼儀に厳しいとは言わない。

それは礼儀とは言いません