もともと買い物好きだったのがたたって、結婚した当初から多少の借金がありました。
某銀行でカードを作って、それで安易に買い物を繰り返していた結果そうなりました。
リボ払いは月々の支払いが安いのにいろいろ自分のほしいものが買えて良いなあ、と半ば本気でそう考えていた時期もあります。

無知というのはまったく恐ろしいですね。
無知というか、馬鹿なんだと思います。

その後、借金を払ってもいつまで経っても元本が減らないという、ややハードな感じの地獄を味わっていました。
その借金も今では親に支払ってもらい、現在はその親に対して支払いを行っている最中です。
自分のことは馬鹿だと思いますが、なるべくしてそうなったという気持ちも少なからずあります。

借金は怖いです。

カードは作るべきではないですね