所有している土地を売却したとき、売却したお金を受け取ります。売却したお金のことを売買契約金額と呼び、一般的に手付金と契約金を足したものになります。高額な商品を買い物したときに最初に手付金を支払うのと同じことで、土地を売ったときにも売買契約を締結したときに、手付金が支払われます。

手付金は不動産仲介業者によって異なりますが、一般的に売買契約金額の10パーセント前後になります。

買い主が支払った手付金から不動産仲介業者に仲介手数料を支払うことが多いです。売買契約金額に応じて、印紙税も支払わなければならないことを覚えておくことも重要です。手付金の入金が終わったら、本契約に入ることになります。

その後、土地の名義変更など書類上の所有権を移転し、鍵を渡したら、決済金として売買契約金額から手付金を除いた金額が入金されることになります。入金方法は、売主の希望にそって行われることがおおく、現金で手渡しのこともありますし、金額が大きいときは銀行振り込みや保証小切手にすることもできます。

決済金を入金するときと、所有権移転と鍵の引き渡しは同時に行われることが多くなっています。そのため、そのときは土地の売主と買い主、さらに不動産仲介業者が一堂に集まって行われることが多いです。

所有権を移転したり、買い主によってはローンを組んで購入することもありますから、司法書士や融資を受けている銀行の担当者は同席することもあります。

住宅や土地を売却したときの入金について