綾辻行人の「霧越邸殺人事件」をあっさりと読み終えて、今度は「黒猫館の殺人」を読んでいます。
黒猫館を読むのは二回目です。
私の読書スタイルは一回読んだ本はほぼ読み返すことがなく、読み終えた時点で古本屋に売ってしまうということが多いです。

それでもあって二回目を読むという段階でかなりの作家に対する愛情がうかがえます。
綾辻行人が今一番好きかもしれないですね。

数年前は森博嗣が猛烈に好きだったのですが。
でも本格ミステリーというジャンルで考えた場合、綾辻行人のほうが森博嗣よりも力量的には上ではないか、と勝手に考えています。
館シリーズはあと、ひとつ読んでないものがあってそれもぜひ買いたいと思っています。

ミステリー小説はその世界にどっぷりとつかることができて楽しいですね。

最近は読書が好きです